人生を面白いで埋め尽くす【ブログ】

もっと面白いことで人生を埋めていきたい人と、もっと楽しい時間を共有したい願いを込めた個人メディア

人との出会いを増やす上で1番重要なのは「1ミリの勇気」

似たような言葉はよく聞きますけどね。でもやっぱり俺もそう思う。

 

現在、僕の作曲レッスンに通ってくれているミハウさん。inりっつ邸

f:id:rittudesuno:20170130172610j:plain

f:id:rittudesuno:20170130172620j:plain

ポーランド出身の方で日本の音楽が好きで勉強しながら楽曲制作とかしてるんですよ!

スラっとした後ろ姿もパシャリ☆(本人に掲載許可をいただいております)

出会いは同人音楽の即売会でした。

僕は自分で表現(アーティスト)活動としてCDを作ったりしているのですが

その時にCDを買っていってくれて「作曲上手ですね!好きな曲です!」

といってくれたのが始まりで

 

俺「ありがとうございますー!こういう音楽好きなんですかー?」

ミハウさん「はい!こういう曲作れるようになりたいです!」

俺「そうなんですね!自分で音楽作ったりしてるんですかー?」

ミハウさん「そうです!こういうイベントとかは出た事は無いのですが興味があって…」

みたいな会話をしたのを覚えてる。

 

それでイベントが終わった何日か後にTwitterのアカウント上で繋がってたので

「先日はありがとうございました!自分の音楽を気に入っていただけて嬉しかったです!音楽を作られてるんですよね!良かったら今度聞かせてください☆」

という旨のメールを送って、そこから少しづつ時間がある時にやり取りをして

「りっつさん、イベントってどう出るんですか?もし出るなら曲をもっとかっこよくしたいです!」というメールをいただいた。

 

そこで僕は自分の行っているレッスンが役に立てるんじゃないかと思って提案したんですね。

「僕、作曲レッスンをやっていて、音源の作り方やイベントの出展の仕方など含めたお話も出来ると思うので良かったら一度どこかでお話しませんかー?」

そして今ではこうやって、レッスンという形を取る事で全力で音楽を教える事も出来ているし

「りっつさんのレッスンは、わたしの受けた音楽教育史上の中で最高の体験です」

って言って慕ってもらえるようにもなった。

 

コミュニケーションをするメールや会話を切り出すのって

少し勇気がいる事だと思うんですよ。

さすがに俺の場合はもう慣れたけど、やっぱり俺は自分のレッスンや楽曲制作に自信があっても

「あ…いやでも…迷惑がられたらどうしよう…」みたいな恐怖感ってあったんですよね。

 

でもほーんの1ミリ程度の勇気で「えい!メール出しちゃえ!」

から繋がってきて今でも最高の仲間と呼べる関係の人って結構いるんですね。

今回のブログに掲載する許可をくれたミハウさんにも良い体験をさせてあげられてるならこの上なく嬉しいし

俺もいつもミハウさんの成長を感じながら地元のポーランドの話とか聞かせてもらえるのもすごく楽しくていつも楽しみにしています。

前に書いたこの記事も是非読んでもらえたらと思うんだけど

こうやって自分が繋がりたいと思える人に

「会いたい」って気持ちを伝える事は

恥ずかしい事でもなんでも無いし素敵な事だと心から思うから

最初の1回「1ミリ」だけこちらから相手に近付くと

もっともっと世界が面白くなってくんじゃないかなーと思います。

 

====================================

りっつの作曲レッスンはこちら☆一緒に音楽で人生楽しくしましょう!

kohei.grrr.jp