人生を面白いで埋め尽くす【ブログ】

もっと面白いことで人生を埋めていきたい人と、もっと楽しい時間を共有したい願いを込めた個人メディア

人に喜んでもらう事と自分が喜ぶ事ってつながってると思う?

俺はめちゃくちゃ思うよ。理由もある。

 

先日JAGMOさんのゲーム音楽フルオーケストラ「剣士達の交響乱舞」を観に行ってきました。

f:id:rittudesuno:20170327153353j:plain


~こんな感じの演目~

◇「FINAL FANTASY」シリーズ
◇「ゼルダの伝説」シリーズ
◇「ファイアーエムブレム」シリーズ
◇「モンスターハンター」シリーズ
◇「大神」シリーズ
◇「キングダムハーツ」シリーズ
◇「アークザラッド」シリーズ
◇「ワイルドアームズ」シリーズ


す、素晴らしかった!!
ただただ感動したのもあるし、ゲーム音楽って事で思い出補正もかかりながら
「あー小学生の頃、友達と当時好きだった女の子を取り合う話しながらゼルダやったなー」とか謎の思い出に耽ってました。笑

席がすごく前の方だったので、奏者の方の指使いとか表情とか見れたのもすごい勉強になったなー。


そんなすごく感動的な体験をできたのも、元々は普段から僕の作曲レッスンに通ってくれているミハウさんが招待されていたのを
「チケットがまだあるので一緒に行きませんか?」と誘ってくれて観に行く事が出来たんですね。

ハウさんは4月から関西の方へお引越ししてしまうそうで
「今まですごく僕の事を考えてレッスンをしてくれたお礼がしたいです」と
他に誘おうと思ってた友達もいたのに僕を誘ってくれたみたいです。そんなん泣くわ。笑


一生懸命やってきて良かったな。

僕がやってきた行動で喜んでくれる人が増えていってるのが
今はただただ嬉しい。

 

素直にひたすら相手を想って取った行動は

それをやれてる自分自身も好きになると思うし

全く思いもよらない形で自分を喜ばせてくれたりしますね。

 

俺も普段から言ってるけど「何していいか分からない人」は

まず「一緒にいたい人」を見つけて「その人を喜ばせる」だけ

一生懸命にやったら良いと思います。

それだけで感じる幸せ度は桁違いになっていくんじゃないかなぁ。

 

music-all-life.hateblo.jp

 

==============================

楽曲提供や作曲レッスンやってます☆

ご依頼について | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

1回も曲なんて作ったことない!という方ももちろんどうぞ☆

レッスンのご案内 | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

楽曲の無料アドバイスもやってます。こちらからどうぞ☆

楽曲無料アドバイスメールフォーム | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

 

 

「やりすぎる」くらいが良いと思う理由。

自分の限界点を知れるから。

 

俺ってば空前絶後の目立ちたがり屋だから

過去に何度も何度も何度も「やべ、出しゃばっちゃった!」って思った事があるのね。

それは今でもたまに出ちゃうし、その度に「ここまではいいけど、ここから先はダメなのな…」って勉強する。

 

そのおかげか、俺は人とのコミュニーケションに対して

「怖い」って感情が全然無い。

あとこんなん言っていいのか分かんないけど「失礼の無い印象でタメ口」をきくのがすごく上手だと思う。笑

それって過去に何度もやりすぎて失敗した経験から「ここまではギリ大丈夫!」って限界点を無意識に知ってるからだと思うんですよね。

 

何事もそう。音楽でもそう。

自分の歌の最大音域だって出してみなきゃ分かんないし

ギターもどこまで歪ませれば「カッコイイ→汚い」の臨界点も分からないし

デカい音で鳴らしたくても「どこまでやると音割れするか」が分からないといつまでたっても手加減した音になるし

 

世の中には「失敗しちゃいけない事」より「失敗しても大丈夫」な事の方が何億倍もあると思うからドンドン失敗すりゃいい。

失敗0成功0の人生より

失敗100しても1回でも成功する人生を送りたいと思う今日この頃ですな。

努力しても「結果が出ない!」って思ってる人って

努力しても「結果が出ない!」って思ってる人って

努力して手に入れた能力を「上手く使えてない」だけだと思うんですよね。

 

たとえば自分の能力を50だとします。

そして努力をして100の事が出来るようになりました。

けれど100の事が出来るようになったからって「常に100」はなかなか出せない。

ホームラン打てる筋力がついたからって毎回ホームランは打てないよね。

実際に100が出来ても出てくるパフォーマンスは「50~100のランダム」だったりする。

 

でも俺らは「100が出来るようになったのに全然100が出てこない!!」

って思って「努力したのに結果が出ない!」ってなっちゃったりする。

 

だから俺も普段から意識してる事でオススメなのが

「能力の最大値を上げる」より

「能力の最低値を上げる」です。

「よっしゃー!これが出来るようになった!」より

「え?こんなの普通だろ?」のレベルを上げてく感じ。

 

50の俺が100のことを出来るようになるのは素晴らしい事なんだけど

その後も「よし!50~100が出来たから次は50~150目指すぞ!」ってやるよりも

「50~100になったから次は100~150にするぞ!」の方が

自分も疲れないしそっちの方が喜ぶ人も多い気がする。

 

俺は音楽クリエイターをやってるけど、他の業界でも

「意識してなくてもできる」事が多いクリエイターはすごく重宝されるよね。

f:id:rittudesuno:20170213175140p:plain

さて、今日も作曲作曲。

==============================

楽曲提供や作曲レッスンのお仕事をしています☆

ご依頼について | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

1回も曲なんて作ったことない!という方ももちろんどうぞ☆

レッスンのご案内 | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

楽曲の無料アドバイスもやってます。こちらからどうぞ☆

楽曲無料アドバイスメールフォーム | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

サブリーダーシップってなに?の解説

「リーダーを肯定し一緒に続く1番最初の相棒」

だと思ってます。

 

リーダーがやることに誰も続かなければチーム全体は動かない。

でも誰も続いていかない事に自分から続く最初の1人になるのは怖い

でも後に続く2人目ならいけるかもしれない。

2人目でもまだ怖いけど3人目なら行ける人はもっと増えるかもしれない。

その「最初の1人」に率先して続けるのが「サブリーダー」なんじゃないかなと思う。

 

その為には「リーダーを肯定すること」が1番大事。

「とりあえず続いとくかー」じゃ自分より後が続かない。

自分より後の人に「魅力的」じゃなければ先は続かないんだ。

 

 

先日、とある場所で「サブリーダー」という役目を背負った。

そこでは色々なことを考えに考えて

何回も泣きながら何回もチームメンバーにぶつかっていって

最後はみんなと本当に大きな絆で結ばれたと思う。

 

終わったあとも「結局サブリーダーってなんだっただろうなぁ」

って色々考えてたら、とある動画に出会った。

www.youtube.com

 

すげぇこれ。俺が考えてた事を全て代弁してくれてる。

ほぼ俺の考えと100%一致すぎてなんだか自分で投稿した気にすらなってくる。笑

 

俺はこういうサブリーダーになりたいし

無条件に俺を肯定してすぐさま続いてくれる相方を持てるような

リーダーになっていきたい。いずれなる。

==============================

楽曲提供や作曲レッスンのお仕事もしています☆

「初めて曲作る!!」という方でももちろんどうぞ☆

ご依頼について | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

レッスンのご案内 | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

楽曲の無料アドバイスもやってます。こちらからどうぞ☆

楽曲無料アドバイスメールフォーム | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

「了解しました」より「承知しました」が正しいとかよく聞くけど

それは

【「了解しました」より「承知しました」が正しいと思ってる人】

に対してだけです。

 

「承知しました」より「了解しました」が正しいと思ってる人には

「承知しました」より「了解しました」って言うのが正しいし

「了解しました」より「承知しました」が正しいと思ってる人には

「了解しました」より「承知しました」って言うのが正しい。

 

音楽を作る人もそう。小難しい理論を使って

「ここのメロディでハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウスケールを使う事で他者との差を…」

とか言ったってその凄さ(?)が伝わるのはハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウが分かる人にだけ。

普通の人からしたら「ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ?なんかの必殺技?」ってなる。

もちろんそれを喜ぶ人もいるし「小難しい=ダメ」とかそういう話じゃないけど。

 

だから大事なのは「へー!了解しましたより承知しましたの方が正しいんだー!」

って全部にそれをあてていくんじゃなくて

使う相手によって適切に選ぶ、その心遣いをする

って事が大事なんだと思う。

 

でも個人的には超絶ベースソロとかで退屈そうにしてるリスナーの顔をとか見ると少し寂しくなるけどね。笑

=================================

楽曲提供や作曲レッスンのお仕事やってます☆

ご依頼について | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

レッスンのご案内 | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

 

楽曲の無料アドバイスとかもやってます☆こちらからどうぞ

楽曲無料アドバイスメールフォーム | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

成功する人が期待する事と、あんま成功しない人が期待すること

「可能性」と「たまたま」です。

 

成功する人は「可能性」に期待する。

あんま成功しない人は「たまたま」に期待する。

 

可能性派「プロになる為には技術がある方がなれる可能性高いだろうから練習する!!」

たまたま派「ほとんど練習しなくてもプロになれてる人もいる!!」

可能性派「ブログを書けば自分の活動が広がるチャンスが増えるかも!?」

たまたま派「ブログなんかやらなくても活動してればいつかみんなが知ってくれるかも!?」

 

みたいなね。

どっちがうまくいきそうかってこういう行動1つ1つから分かるよね。

 

まずはやってみる!

「可能性」に期待しながら色々やってみると

その中の1つや2つうまくいくかもね!

 

================================

楽曲提供や作曲レッスンのお仕事やってます☆

ご依頼について | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

レッスンのご案内 | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

 

楽曲のアドバイスメールもやってます(こちらは無料)

楽曲無料アドバイスメールフォーム | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

人を嫌な気分にさせるって事は

「人に不愉快な気持ちを与えるのが上手な人」

になる為の努力をしちゃってるってこと。

そして人を不愉快な気持ちにさせるのがドンドン上手くなっていきます。

 

だってそうでしょ?

人を笑わすには、楽しい気分にさせる事いっぱいやってる人が上手だし

人に尊敬される人は、素敵な人間性をいつも磨いてる人が尊敬されるし

人から仕事を貰う人は、何かの能力をいつも磨いてる人が仕事を貰いやすい。

 

普段の生活から何かをやり続けてる人っていうのは

その能力がドンドン伸びていきます。

だからみんなそれぞれの「ああなりたい」に向かって努力するんだよね。

 

だから、普段から人を嫌な気分にさせてる人は

人を嫌な気分にさせるのがドンドン上手になってく。

 

俺ら人間なんてどんな事でも続けてりゃ上手くなるんだから。

 だせーからやめちゃおーぜ。

=================================

Twitter

https://twitter.com/rittu_desuno

Facebook

https://www.facebook.com/rittu.desuno

 

楽曲提供、作曲のレッスンもやってます☆

ご依頼について | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

レッスンのご案内 | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ

 

無料の楽曲アドバイスなんかもやってます☆こちらまで

楽曲無料アドバイスメールフォーム | サウンドエンターテイナー りっつのほむぺ